凡例 ■:CPPキャリアセミナー
   ◇:合同会社説明会
最新情報はこのページで更新されますのでご注意下さい

第1日 米国東部時間2020年10月23日(金) 午後8時〜夜中
 ■ CPPについて(CPP:村磯鼎)
 ◇ 企業ガイダンス(第一三共、大日本住友製薬、IQVIA)
 ■ CPPキャリア演習1(CPP:村磯鼎)
 ◇ 交流会

第2日 米国東部時間2020年10月24日(土) 午後8時〜夜中
 ■ CPPキャリア演習2(CPP:村磯鼎)
 ◇ 企業会社説明会(第一三共、大日本住友製薬、IQVIA)
 ■ 質疑応答(CPP:村磯鼎)
 ◇ 個別相談会(第一三共、大日本住友製薬、IQVIA)

各プログラムの内容

CPPキャリアセミナー

PhDのキャリア設計(参加登録すると閲覧できます)
16年間CPPを開催していて気がつくことは、PhDの方々が人生設計において、大きな勘違いをしていることです。もう一度PhDとは何かから問い、どういう人生設計が行えるのかを検討します。

PhDの就職活動の基本(参加登録すると閲覧できます)
PhDの方々が就職活動を行う際に注意して欲しい事柄を要点を絞って解説します。アピールポイントの整理、履歴書の書き方、研究経歴書の書き方、緩急概要の書き方など実践的に解説したいと思います。

企業での研究職のリアルを知る(参加登録すると閲覧できます)
企業の研究職はアカデミアの研究職とどう違うのか、そしてどこが同じなのか。そしてどうしてアカデミアから企業への就職がPhDの場合難しいのか、そのあたりを懇切丁寧に解説します。

質疑応答1(参加登録すると閲覧できます)
第一部の講義をとおして、リアルタイムに参加した方々には、その場で質問に答えたいと思います。なお、録画をご覧になっての質問は、メールで行う事ができます。

CPPについて
第1日、第2日の開始に伴い、その日のオリエンテーションを行います。

CPPキャリア演習1
参加者に実際に自己アピールをしてもらう演習です。参加者全員に話していただきます。各人の発表を聞きながら、CPP側で追加質問などを行いますので、実際の場面で自分はどのようにアピールしたらよいのか知ることができます。

CPPキャリア演習2
実際の面接演習です。課題に対して各人に発表していただき、CPP側で追加質問などを行います。一人一人は短い時間の演習ですが、全員の演習を見ることで面接で自分がどう臨んだらよいのか、様々な発見があります。

質疑応答2
第2部、第3部の演習を通して、様々な疑問、発見があると思いますが、あらためて今後どう将来に向かって活動したらよいのか、皆さんの質問に答えたいと思います。

合同会社説明会

企業ガイダンス
今回のCPPに参加している企業が簡単な企業紹介を行います。
各社15分程度

交流会
参加企業と参加者の間で懇談ができる簡単なミーティングです。参加企業ごとに開催いたします。

企業会社説明会
各社の会場に分かれて、会社説明会を開催します。ここからは就職を希望する参加者が参加します。
各社30分程度

個別相談会
就職を希望する企業に対して一人一人個別に企業の担当者と話ができる面談会です。応募する前に様々な質問をして、自分の希望する未来が描ける会社かどうかを知ることができます。
各人10分程度

地域別スケジュール表ダウンロード

  ◎ 日本時間スケジュール
  ◎ 米国東部時間スケジュール
  ◎ 米国西部時間スケジュール